カードキャッシング 利率

> カードキャッシング利率
もしもの時に頼りになるカードキャッシング

カードキャッシング利率

カードキャッシングはお金を借りる事のできるサービスなのですが、
このサービスを利用する対価として支払わなければならないのが利息です。

利息は借り入れた金額と借り入れた期間に対して設定されることが多いです。
その割合を示すのが利率で、実際には年率で表されるのが基本となっています。
「金利」という言葉が使われることが多いですが、
これも年率を表していると考えて問題ありません。

キャッシングの年率と利息について

例えば、金利が15%となっていた場合、これは年率で表されていますから、
もしも1年間借りた場合には、借り入れた金額の15%を利息として
支払わなければならないのです。
100万円借り入れれば15万円を支払う事になります。
利率というのはこのような意味だと理解しておきましょう。

実際には1年も借りる事は希で、数日から数週間、長くても数ヶ月くらいで
完済するのが普通でしょう。
この場合には、借り入れた期間で日割り計算をするのが基本です。
ですから、1日だけ借りた場合には、1年間借りた場合の利息の365分の1になります。
2日ならその倍になりますし、1週間ならその7倍になるというようにして
計算をするのが基本です。

このようにして日割り計算をすることが多いですから、
借入期間が短ければ、それだけ利息の金額も小さくなります。
早く返済をする方が有利になると言えるでしょう。
カードキャッシングは、他のローンなどに比べると利率が高いという
傾向はありますから、この点には注意しておきましょう。