カードキャッシング 住宅ローン

> カードキャッシングと住宅ローンについて
もしもの時に頼りになるカードキャッシング

カードキャッシングと住宅ローンについて

カードキャッシングを利用すると住宅ローンが
組めなくなると言われることがあるのですが、
これは必ずしも正しいわけではありません。

利用しない方が利用した場合よりも審査には通りやすい
という傾向はありますが、カードキャッシングを利用すると
絶対に住宅ローンを利用できないわけではないのです。

どのような場合に住宅ローンを組めなくなる可能性がある?

どのような場合に住宅ローンを組めなくなるのかを
知っておくことは必要でしょう。
カードキャッシングでお金を借りれば、毎月返済をしていくことが必要となります。
返済しなければならない金額が定められていますが、
何ヶ月も返済が遅れてしまうとその情報が信用情報機関のリストに載ります。
これを俗にブラックリストと呼ぶのですが、ブラックリストに載ってしまうと、
一定期間は住宅ローンを組むことができなくなります。

ですから、返済はきちんと行わなければならないのです。
カードキャッシングを利用している状態であれば返済を
続けていくことが必要となります。

住宅ローンを組めば返済をしていくことが必要となるのですが、
返済に充てる金額は小さくなってしまうでしょう。
そのために、審査には通ったとしても、借入のできる金額が小さくなることも
ありますから注意が必要です。

かといって絶対に組めるわけでもありません

カードキャッシングと切り離して考えた場合に、
住宅ローンは総量規制の除外項目でもあり、
安定した収入のある方ならそれぞれの収入に見合った範囲内であれば、
住宅ローンを組むことが可能ではあります。

反対に収入に見合わないような、高額な住宅ローンであれば、
組むことができないことはお分かりいただけるかと思います。

では、もう一度カードキャッシングの借り入れがある場合に戻ってみると、
この借り入れの分が、収入における返済能力ギリギリだったとしたらどうでしょう?
こういった場合には、住宅ローンを組むことは難しくなるわけです。

出来る限りローンは完済しておく

できることなら、住宅ローンの申し込みをする時点では完済しておくのが理想的ですし、
今後使う予定がないというのであれば、口座を解約しておいた方が
金融機関に対する印象は良くなると考えられます。