カードキャッシング 返済方法

> カードキャッシング返済方法
もしもの時に頼りになるカードキャッシング

カードキャッシング返済方法

カードキャッシングの返済方法はキャッシング会社にもよりますが、
インターネット、ATM、窓口など様々です。

毎月の返済を口座から自動引き落としに設定しておくと、
わざわざ返済する手間が省けて便利です。
お給料の口座を指定することが出来れば、
返済額を返済期日までに入金しておくこともなくなります。

もし返済期日までに入金が間に合わないときは、支払の確認が出来ないと
キャッシング会社から電話が掛かってくることがあります。
そのまま放置すると遅延損害金を請求されてしまうので、
きちんと返済期日は守りましょう。

最小返済額での月々返済のメリットとデメリット

キャッシングの毎月の返済は残高スライドリボルビング方式を
採用している場合が多いです。
これは借入残高に応じて、毎月の返済額が変わっていくという仕組みになっています。
借入残高は返済が進めば減っていきますし、追加で借入すれば増えます。
そういったご利用状況に応じて、毎月の最小返済額をお支払していきます。

最小返済額は楽だけど、返済額が少ないので長期化してしまう

余裕のない時は最小返済額で楽なのですが、
そのままずっと最小返済額のままだと返済が長期化してしまうことがあります。
キャッシングの利息は日割り計算なので長期化するほど利息の負担が増えてしまいます。
逆に言うと返済を短縮すればするほど利息の負担を抑えることが出来ます。
コンビニなどの提携ATMから任意の額を返済できますので、
こまめに繰り上げ返済しておくと良いです。

ボーナスが出て余裕が出たときに一括返済することも出来ます。
残高スライドリボルビング方式は完済できるまでの計画が分かりにくいので、
返済シミュレーションで自動で計算してもらいましょう。